米シリア攻撃で北からの核攻撃が現実に-4 東芝は迎撃システム開発で再生をめざせ!

●完成を見たはずの迎撃システムが無力なわけ 巨額の費用を投入して開発したイージスBMD(弾道ミサイル迎撃システム)であるが、確かに実射テストで迎撃できることが確認されている一方で、実戦にはほとんど役に立たないという見方が多いのはなぜだろうか? それは、ある限られた条件下で多くの前提を置いてテストした場合には成功するが、実践ではそれらの条件を満足しない場合が多いためであると考えられる。 弾道ミサイ…

続きを読む

米シリア攻撃で北からの核攻撃が現実に-3 自衛隊は弾道ミサイル迎撃能力を強化せよ

●自衛隊は弾道ミサイル迎撃能力を強化せよ  さて、金正恩が最後の選択肢をとった場合の悲劇的な結末に対して、日本のとるべき行動は何だろうか。 これまでのように粘り強く対話を求めるなどの甘い路線はもはや通用しないことは明らかだ。かといって最前線に立って戦闘するわけにもいかない。戦争は国内外の世論が許さないだろう。日本が単独で制裁強化してみたところで、また中国へ制裁強化を迫ったところで、前述したよう…

続きを読む

米シリア攻撃で北からの核攻撃が現実に-2 金正恩の最後は最悪のシナリオ

〇意外にも北朝鮮は孤立していない  さて、今回のシリア攻撃を受けて、北朝鮮問題はどのように進展するだろうか。 北朝鮮外務省は今回のミサイル攻撃について、8日夜、国営メディアを通じ、「明白な侵略行為で絶対に容認できない」と強く非難し、「(北朝鮮がもつ)核武力がアメリカの侵略策動を粉砕し我が国を守る。核武力の強化は極めて正しい選択だった」として、核およびミサイル開発をさらに推進する方針を強調した。…

続きを読む

スポンサーリンク