トヨタ次世代タクシーJAPAN TAXI公開。車椅子も乗れる驚きの5ナンバー

 トヨタの「次世代タクシー(JAPAN TAXI)」が披露され、いよいよ日本のタクシーが生まれ変わる兆しが見えてきた。2015年に開催された第44回東京モーターショーですでに外観のデザイン映像は公開されていたが、今回は実車での公開となった。一見するとミニバン、あるいはハイトワゴン風で、水平基調のボンネットに高い天井を組み合わせたデザインを持ち、サイドウィンドウの面積が際立って広いことが特徴。 …

続きを読む

新型プリウスPHVの発売時期を今冬に延期!予想価格は320万円から

 トヨタ自動車は、今秋に発売を予定していたプリウスのプラグインハイブリッド車「プリウスPHV」の発売時期を、今冬に延期すると3日、発表した。  発売延期の理由は「お客様により良いクルマを着実にお届けするため」とのこと。設計上の不具合の修正か、目標とする性能に開発が追い付けなかったのかは定かではないが、商品の磨き込みにさらなる時間をかける、ということなのだろう。  次期プリウスPHVは、4…

続きを読む

なぜプリウスは「車上荒らし」に狙われやすいのか?バッテリー交換の費用が高額、車両保険料も高い

 プリウスが車上荒らしに狙われる確率は他車より高いと言われている。 日本損害保険協会が今年3月に公表した『自動車盗難事故実態調査』によると「車上荒し」に狙われやすい車種ランキングの1位はトヨタハイエース、そして2位がトヨタプリウスであった。ワースト1、2を争う車種のプリウスが狙われやすい理由とは。 ◆プリウスのバッテリーが狙われる!  プリウスのパーツで、もっとも車上荒らしに狙われやすい…

続きを読む

ラフェラーリのオープンカーモデル、発表前に完売!価格は2億円?

 イタリアの高級スポーツカーメーカーであるフェラーリが9月、フランスで開催されるパリモーターショー16でワールドプレミア(初披露)する『ラ・フェラーリ』のオープンモデルが公式発表を前に、完売していたことが分かった。  同車は2013年3月、ジュネーブモーターショー13で発表されたフェラーリの最高峰モデルで、フェラーリ初の市販ハイブリッド車、「ラ・フェラーリ」のオープンモデル。クーペボディの…

続きを読む

2016上半期新車販売 4代目新型プリウス圧勝!自動運転など先進技術の勝利!

 今年1~6月の車名別新車販売台数は、トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」が前年同期比2倍の14万2562台で首位だった。他の車種が伸び悩む中、プリウスが昨年12月に投入した新型車効果で唯一10万台を超えて「独り勝ち」となった。  日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合が6日発表した。プリウスは昨年12月から今年6月まで7カ月連続でトップを続けている。2位はホンダの軽自…

続きを読む

テスラ、モデルs、モデルxなど「アップグレード課金」導入!初期価格抑える!

◆テスラ、クルマに「アプリ内課金」導入──買い換えなくともアップグレード可能に  テスラ・モーターズは6月9日(米国時間)、「Model S」の低価格モデルを発売した。「Model S 60」と、その4WD版である「Model S 60D」だ。  この低価格モデルを投入するにあたって、テスラはバッテリーパックの再開発も、組立ラインの刷新も、サプライチェーンの再構成も行う必要はなかった。数…

続きを読む

新型プリウスが絶好調!先進技術搭載が効奏!?

 新型プリウスを発売して1か月が経つが、現時点での受注台数が10万台に達し、生産が追い付かない状況であることを明らかにした。当初月間販売台数として1万2千台を目標にしていたため、今で納車は半年待ちの状態となっている。  購入者の内、8割が男性で、年代別には60歳以上が中心となるが、幅広い年齢層から支持を得ている模様。先代プリウスが2009年5月の発売後1か月で18万台を受注したのに対し、今回…

続きを読む

スポンサーリンク