瞑想、マインドフルネスで成績アップ!脳の構造も変化し老化も予防する驚異の方法とは

 「明日も朝から仕事かー。。。」そう思うとちょっと憂鬱に。そんなビジネスマンたちに今、大人気なのが「瞑想」なのである。 脳に良い効果のあることが科学的に証明され、「マインドフルネス」という新たな瞑想法として世界中に広まっている。  マインドフルネスを実践しているビジネスマンは、「実績が本当に変わってきていて、成績の順位がどんどん上がってきて、結果にでている。」と語る。 この驚異の瞑想法、マ…

続きを読む

深海で見つかった目玉がかわいすぎる生き物!正体はイカか

◆科学者も爆笑  調査船ノーチラス号に乗り込んだ研究者たちが米国カリフォルニア州の沖に出て、水深約900メートルの海底でカメラを回していたとき、じっとこちらを見つめる2つの大きな目に気付いた。 【動画】科学者たちをとりこにした、クリクリ目玉のかわいい海洋生物(解説は英語です)(OET/Nautilus Live)http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news…

続きを読む

五輪シンクロで透けない素材の開発がメダル獲得に貢献!赤外線カメラ対策を応用

 日本勢による連日のメダルラッシュに沸くリオデジャネイロ五輪。第12日の16日には、シンクロナイズドスイミングのデュエットで乾友紀子(井村シンクロク)三井梨紗子(東京シンクロク)組が、シンクロ日本代表として2大会ぶりの銅メダルを獲得した。2人を含むシンクロの日本選手らが本番で着る水着を手掛けたのが、デサントと東レ。アテネ五輪の競泳800メートル自由形で優勝した柴田亜衣選手ら競泳陣も含め、数々…

続きを読む

京大研、臍帯血からiPS細胞!ストック事業向け、変異少なく高品質

 再生医療に使う備蓄用iPS細胞(人工多能性幹細胞)を、京都大iPS細胞研究所(所長、山中伸弥・京都大教授)が、新生児のさい帯血を使って作製したことが、iPS研への取材で分かった。成人の血液から作った場合に比べて遺伝子変異が少なく、高品質という。移植後の拒絶反応が起きにくいタイプの細胞からiPS細胞を作って凍結備蓄し、研究機関などに提供する「ストック事業」の2種類目の細胞。今月下旬にも提供で…

続きを読む

ヒトの精子を皮膚細胞から作成!不妊症治療へ布石

顕微鏡下で卵子に注入される精子。ベルギー・ブリュッセルの病院で(2011年2月2日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News 【AFP=時事】スペインの研究チームは27日、皮膚細胞からヒト精子の作製に成功したと発表した。将来的には不妊症治療につながる可能性もあり、大きな医学的成果だという。  不妊症は世界の夫婦の約15%にみられる。自分たちで子どもをもうけることが不可能…

続きを読む

シジュウカラの鳴き声は「文」であることが判明!動物の作文能力確認は初

シジュウカラ画像(Hatena fotolifeより引用)  総合研究大学院大の鈴木俊貴研究員は、市街地で見かける身近な小鳥であるシジュウカラ(四十雀、学名 Parus minor)が、複数の「単語」を組み合わせた「文」を作り情報を伝達する能力を持っていることを発見した。このような能力は、知能が高いとされているチンパンジーなどでも確認されておらず、ヒト以外の動物で確認されたのは初めて…

続きを読む

仮想現実(VR)を活用し避難行動を検証!東京大学生産技術研究所

東京大学生産技術研究所 都市基盤安全工学国際研究センターの加藤孝明准教授らは、東京消防庁などと共同で、地震火災発生時の人の避難行動を検証する実験を、コンピューター上の仮想的な世界(仮想現実)を使って始めた。人が避難行動を始めるきっかけについて、火災現場までの距離などとの関連を調べるのが目的だ。東京都が2018年頃に改定を予定している避難場所改定案などの基礎データとしての活用を目指す。 …

続きを読む

スポンサーリンク